自分に対してメールをくれた女性は、26歳の既婚OLのナギサさんでした。
プチ援て言うのは、若くて独身の女性がやっているものだと思ってたんですけど、彼女は結婚している人だったのです。
「年齢とか既婚とか未婚とか全く関係なくて、お小遣い稼ぎをしている女性多いよ。
俺もかなり人妻にやってもらったことあるし、たまに処女なんて子もいたりするからね。
だからこれは辞められないんだよ」
とは同僚の発言でした。
そんなに奥深い世界だったなんて全く知りませんでした。
なんだかこのプチ援と言うものをやっているのが楽しいものになっていくんじゃって気持ちにシフトしていったんです。
仕事が終わってから彼女と待ち合わせして、人のいないところでシコシコ言えてもらったりペロペロしてもらったりすることが出来るんだから、仕事も上の空状態。
「とにかく落ち着けよ(笑)、仕事でミスすると上司がまたうるせぇぞ(笑)」
冷やかされてしまう始末でした。
しかし、久しぶりの気持ちいい行為をすることになっているのだから、気持ちはどうしたってウキウキしてしまうものです。
自然と破顔してしまうし、自分でも困ってしまいました。
仕事を片付けてすぐに会社を後にして、ナギサさんと待ち合わせした場所まで飛んでいったのです。
どんな女性が相手なのか、とにかく早く会って気持ち良くしてもらいたいって事ばっかり考えていました。
無事に彼女と合うことが出来たのですが、かなり美人な顔してるのには驚かされてしまいました。

女芸人の小杉まりもちゃんみたいにくっきりフェイスで、それだけでもペニスは激しく勃起していきました。
ほとんど人が利用しない公衆トイレを見つけて、そこの個室に2人で入っていったのです。
物凄い緊張感と興奮感に包まれて、すでに勃起しているペニスを彼女に見せていきました。
女性の柔らかい手でシコシコされて、そして暖かい口の中でペロペロと舐め続けられていたのです。
オナニーでは味わえないことの素晴らしき快楽を味わい、思いっきり口の中で発射してしまいました。

 

有名サイト登録無料
プチ援サイトランキング
ムズムズしたら、ここでプチ援の女の子を呼んでます。