有名サイト登録無料

プチ援サイトランキング
ムズムズしたら、ここでプチ援の女の子を呼んでます。

 

 プチ援と言う言葉を聞いたのは、同僚と酒を飲んでいる時だったのです。
それまではそんな言葉なんてちっとも知りませんでした。
彼女はいるのですが、最近では忙しくてなかなか会うことも出来ませんでした。
セックスしたくても、肝心の彼女とスケジュールが合わなければどうしようもありません。
このことから性的な不満を抱え込んでいる状況に置かれていました。
彼女と会うことが出来たら、確実にセックスをすることが可能なのですが、互いの仕事のスケジュールという部分があり、なかなか気軽に会うことが出来る状況ではなかったのです。
ですから、性的な不満は溜まってしまっているし、オナニーで処理をしても味気ないしで、困り果てていたのでした。
そんな時に同僚と酒を飲んでいる時、考えたこともないようなプレイを教えて貰うことになっていたのです。
初めは他愛もない話をしながら酒を酌み交わしていたのです。
「最近どうだよ彼女と上手くいってんの?」
同僚のその一言がきっかけとなって、最近では会うことも出来ないからセックスを楽しむことが出来ていないと話をすることになっていきました。
これって自分にとってみると大変切実な問題だったから、思わず愚痴をこぼしてしまった形になったのでした。
「そうか、では欲求不満で困っちゃってんじゃね?」
「まさにその通りでさ、最近じゃ利き腕が恋人って感じだよ(苦笑)」
これは本当にその通りで有り、彼女と合うことが出来ないからオマンコではなく自分の右腕でシコシコと慰めている状況が続いていたのです。
「だったらさ、プチ援でもすりゃいいじゃん」

いきなり知らないフレーズを出されて、戸惑ってしまいました。
「それって何なの?」
「あれ、知らないの?意外だねぇ」
「えっ、そんなに有名なの?風俗か何かか?」
「違うって(笑)」
彼は苦笑するばかりで有り、なかなかそれが一体なんなのかを教えてくれないのです。
プチ援っていうキーワードは何とも言えない耽美な響きを持っているように感じていました。
多分気持ちいい事出来るんじゃないかって事で、彼を問い詰めていったんです。
すると、フェラや手コキだけで楽しむ相手の事だと言うのです。

 

 欲求不満が極限まで達しているような状況で聞いたプチ援というキーワード、とても気軽な関係だから同僚はオススメだと言うのです。
自分はそのような関係を持ったことがなかった方、正直かなりの衝撃を受けていました。
本番が無いという事から、これなら彼女に対しても申し訳ないという気持ちを持つこともなさそうだったので、強く関心を寄せてしまいました。

 

自己紹介
名前:進一
性別:男性
年齢:25歳
彼女はいるけれどすれ違いが多くて、セックスをするのが最近は御無沙汰になっていました。
さすがに浮気をするなんて言う気持ちも持てなくて、ムラムラした状態を続けていたのでした。
しかし本番無しの気持ちよくなれる方法を、同僚から耳にしてこれだったらって気持ちになってしまったのでした。